さて日記



<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


ありがとう、はな

10月8日(火)、午後5時過ぎ、はなは静かに息を引き取りました。
10歳の生涯でした。

思えば10年前、妻と結婚し、子どもを授かりたいながらも、なかなか叶わず、妻が猫を飼いたいと言った一言がきっかけだった。

寂しさを紛らわせるための思いだったのかも知れない。

生後半年で、うちの家族になったはなは、すくすこと成長していった。
本当に猫柄の良い子で、女の子らしい猫だった。
d0191377_1404667.jpg

d0191377_1404225.jpg

d0191377_1404893.jpg

d0191377_140457.jpg


そのあと、息子そして娘を授かり、はなは嫉妬するかと思ったら、自分が長女の感覚で、子どもたちが泣いたらそこに駆けつけていき、自分にできることはないかと、あたふた。

息子が頭を打って泣いてたら、すぐさま駆けつけて頭をペロペロ。
常に優しく見守ってきた。

子どもたちが駆け回るようになって、はなに体重を押しつけて乗っかかるようになっても、さすが長女じっと耐えてた。

あんまりひどいと、爪を隠して猫パンチw。
そのあとは、「あ、ついやっちゃった」てな感じで、反省しながら手をペロペロ。

もちろん、そんな時は、私は子どもたちをしっかり叱ります。そうしないと、はながお父ちゃんお母ちゃんに対して不信感を持つので。

今年の8月、悪性リンパ種が見つかった。
今までも病気を克服していったはなだから、なんとかなるかと思ったけど、さすがにダメだった。

そうして、妻に看取られ、静かに息を引き取った。
今は、我が家の仏壇に安置されています。
d0191377_1404121.jpg


8年前に亡くなった父は、はなを猫可愛がりしてたので、今は父の膝の上にいるのかな?

はながつかっていた生活用品。
トイレや
d0191377_1404119.jpg

ケージ
d0191377_1403954.jpg

妻が手づくりした、ケージの表札。
d0191377_1404223.jpg

大切にしていた、チェアーやソファーも爪でボロボロに。
途中から、どうでも良くなったり。
d0191377_1404369.jpg

d0191377_1403744.jpg

はなのごはんなど。
d0191377_1404476.jpg


妻が「もっと一緒にいたかった」という言葉が、私の胸を打ちます。

そういえば、酔っぱらって帰って、はなのいるリビングでゴロ寝をした時、はなが心配そうに寄り添ってくれたことを思い出します。
d0191377_1404039.jpg


何も言えずじっと耐えた姿に、家族みんなで「よくがんばったね」と伝えました。
家族に、幸せと優しさと笑顔をくれたことに「本当にありがとう」と伝えました。

はな、また逢えるのかな?
あなたのことは一生忘れません。
本当にありがとう。
[PR]
by satesate_da | 2013-10-11 02:11 | その他


福岡のサボリーマン、さての飲食やら何やら
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ピアノ発表会
at 2016-01-27 22:39
MOMOTA BAR旅行部「..
at 2014-06-04 01:03
ONEKANA 小戸公園BBQ
at 2014-05-06 00:43
新生、舞鶴小学校・中学校内覧会
at 2014-03-16 18:51
母、古希のお祝い
at 2014-02-17 03:16
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧