さて日記



ゆうのや

わが愛すべき、ちょい飲みうどん店、ゆうのや。

facebookではちょくちょく記事をUPしていますが、断片的な情報だけなので、営業部長を自負おります不肖わたくしがまとめてUPしてみようかと。

魅力的な飲食店の三大原則、そう、それは「美味い、安い、近い」
それに加えて、オーナーゆうさんの人柄が素晴らしい。
それが夜な夜な、わたくしが伺う所以であります。

まるで提灯の明かりに吸い込まれる蛾のように・・・w
d0191377_0461599.jpg


ビールとともに必ず注文するトマトスライス。キンキンに冷えて、これがビールとよく合う。
トマトは二日酔い防止に一役買ってくれます。
d0191377_0482461.jpg

定番ポテサラ。
正直今まではポテサラ(厳密に言えばジャガイモ)が苦手だったけど、ここのは抜群に美味しい。シンプルイズベスト。
d0191377_0515535.jpg

続いて揚げ物系。
まずは、びっくりする程シンプルでびっくりする程美味しい手羽の唐揚げ。一本130円なり。
d0191377_0525753.jpg

チーズちくわの磯辺揚げ。
d0191377_0541671.jpg

雲仙ハムカツ。肉厚ジューシィー。
d0191377_055117.jpg

アボカドの天ぷら。アボカドとは思えない味と食感。まるでカボチャのよう。
d0191377_057117.jpg

お酒がススんで困る、ピリ辛手羽中など。
d0191377_0582444.jpg

その他、ここの一番名物の土ごぼうの天ぷら、優しい味の揚げ出し豆腐などがありますが、一人では食べきれない量なので、普段は注文せず。


続いて焼きもの系。
博多地鶏の塩焼き。焼酎が止まらない。
d0191377_123246.jpg

銀だらみりん。日本酒のアテに是非。
d0191377_133737.jpg

サバみりん。同上。
d0191377_142149.jpg

ガッツリ行きたい時は、厚切りベーコンはいかが?
d0191377_151734.jpg

通好みの味、かまぼこバター。たっぷりの紅しょうががディープインパクト。
d0191377_163981.jpg

まだまだお腹が満たされない時は、カリカリチーズチジミなど。
これ、激うまなんです。お酒を選ばない滋味深い味。ピリ辛のタレをつけて召し上がれ。
d0191377_18928.jpg

幻のメニューとなった逸品たちも。
完璧な完成度、ごまさば。
d0191377_1112659.jpg

キノコのホイルバター。
d0191377_1121548.jpg

さて、小腹が満たされたら、今度は軽いツマミを食べながら、お酒をチクチクと。
クリームチーズの醤油漬け。ワインよりも日本酒に絶望的に合うのです。
d0191377_1163482.jpg

しっかりさっぱりチャンジャ。焼酎がいつの間にか無くなってる。
d0191377_1173252.jpg

最後はもちろん、〆うどん。
ここのうどんは博多と讃岐の中間のような、もちゅもちゅした官能的な歯触り。

写真はかまたまうどん。
d0191377_1204090.jpg


この他、うどんはぶっかけ、あつかけ、ひやかけなど多数。

一日の終わり、ここで一杯飲む至福の喜びを是非。
[PR]
by satesate_da | 2013-08-11 01:26 | 荒戸
<< カモメのバザール 久しぶりの温泉旅行 >>


福岡のサボリーマン、さての飲食やら何やら
カテゴリ
全体
西中州
大名
赤坂
天神
荒戸

大手門
警固
長浜
太宰府
春吉
薬院
博多部
唐人町
桜坂
趣味
その他
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ピアノ発表会
at 2016-01-27 22:39
MOMOTA BAR旅行部「..
at 2014-06-04 01:03
ONEKANA 小戸公園BBQ
at 2014-05-06 00:43
新生、舞鶴小学校・中学校内覧会
at 2014-03-16 18:51
母、古希のお祝い
at 2014-02-17 03:16
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧